スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/28 ファミコン世代

こんばんは。みなさんいかがおすごしでしょうか?2月も終わりますね。あったかくなってきましたが、花粉で悩む私にはちょっと大変な時期でもあります。

それにしても昨日の文章は少々悔いが残りました。それならupすんなって話なんですけど、まぁそれも足跡かなと。今になってもうまい結論が思いつかないという体たらくです。なので今日はサクッとライトな内容でいきます。

私の小学生の時の話になりますが、一世を風靡した据え置き型ゲーム機ファミリーコンピュータ、いわゆるファミコンが発売されました。ちょうど小学生の時にファミコンが発売された頃の世代をファミコン世代と呼ぶそうですが、まぁ確かに親に買ってもらってよくプレイしてました。

そのファミコン世代の人は統計的に他の世代よりゲームをする時間が長いそうです。しかしそんな統計誰がとるんだって話ではあるんですけど、それは置いといて、確かに当時からゲームは好きでした。

前に書いたことがあるのですが、私の実家は「田園風景百選」に選ばれるくらいの超がつくド田舎にあり、小学校の登校にも徒歩30分かかってたりします。ちなみに中学生の時は自転車で30分。

距離の制約があると、小学校から帰ってしまったらまた友達と会うのも結構億劫になるんですよね。特に私は小学校から離れたところに住んでいたので、遊ぶとなるとまた結構な距離を移動して友達と会ったりしてたんですよ。そうなると家でゲームしてたほうがいいやってなるんです。ソフトが起動しない時、カセットの差し込み口にフーフー息を吹きかけたのはいい思い出です。

クラスの中でも私はゲーム好きという立場で、もう一人のゲーム好きとゲームの話ばかりするから、席替えの時は席をはなされるようになったほどです。まぁそれはそれでいいんですけどね。

小学生の頃は時間制限がありましたが、中学、高校とその制約もたんだん過去のものとなり、高校時代、土曜は昼までで学校が終わり、夕方に母が帰ってくるまでの時間、ゲームに明け暮れてた時もありました。

その習慣は脈々と受け継がれ、大人になった今でもわりとゲームはする方だと思います。独身時代の時、一時期オンラインFPSにはまっていた時は、週末は朝から晩までゲームしてた時もありました。廃人に近かった。

それにしても今は体験版をダウンロードしてお試しできるので、いい時代になりましたね。この前、人気作品「龍が如くシリーズ」の「維新」という最新作の体験版をやってました。おもしろいと感じた私は早速電気店に赴き、前回作の「龍が如く5」を買ってプレイし始めました。何やってんだ。いや、BEST版が出てて安かったのですよ…

そんなこんなで昨夜は久しぶりに夜更かししてしまいましたとさ。おしまい。
スポンサーサイト
Category: 未分類

2/27 自発性

先日、テレビを見てましたら年金の話をしてましてね、自民党の幹部が出演してて、こんな事を言ってました。
「年金の値上がりが1.0%から0.7%になったのは、アベノミクスで株価が上がって、投資運営がうまくいき余剰ができたからです。だから0.7%の値上げで抑えてあげる事ができたんですよ。」なんてナメた事を言ってました。

まず、年金を値上げする前にやるべき事はちゃんとやってんの?と懐疑を抱いてしまいますよ。それにそもそも政治家は国民の為に国を運営するのが仕事なのですから、国益をもたらそうと行動するのは至極当然の事だと私は思っております。

何の為に税金から高い給料を払って国の運営をさせてるのか。それなのに「利益をだしてやった」的な感じでとちょっと上から目線で言われるのは正直心外です。この一言でこの政治家の本質を垣間見れた気がします。

と、まぁこんな瘴気に満ちた前置きはそろそろやめにして、本題に移りたいと思います。

持論ではあるんですが、仕事面では特に「自発性」って大切だなと思っています。「私がやります。」的な。その仕事の経験値によってある程度の仕事の分担っていうのは発生すると思っているのですが、それ以外の役割が曖昧な部分の仕事内容とか、経験値に左右されない雑務とかはある程度「自発的」に「やる」と言ってくれる人に任せたりすることもあるでしょう。

経験値に左右されない雑務(DMとか)は新人さんとかの役目になってくるでしょうけど、例えばそれが膨大な量だったらどうでしょう。それは期日までに完成させないといけない。一人ではかなりの時間がかかる。そういった場面で他の人が自らすすんで雑務を手伝うという自発的行為、姿勢ってとても大切だと思うんです。

結構あたりまえなのかもしれませんが、割と出来てない人はいると思っています。もしかしたらそういう状況に気づいてない人もいるかもしれませんね。

例えとして雑務を挙げましたが、上が「みんなで作業をしよう」といえば一発で終わる話なのかもしれません。
ただ「いつもそれでいいの?」と疑問に感じる事はあります。状況にもよりますが、結局やらされてる感満載だからです。意欲の問題にも繋がってくるのでしょうがね。

う~ん、少し話がとっちらかりました。自分が思っていたよりうまく話をまとめられない事態となりました。
結果として、一般的に人生の2/3の時間を費やされる仕事に対して、自発性を持って事にあたったほうが、より上にステップアップできるんじゃないかな、という事を言いたかったのです。もうちょっと具体的に書きたかったのですが、頭がチープなのでうまい事書けませんでした。

という事で今日は消化不良です。申し訳ない。
Category: 未分類

2/26 過ぎる

こんにちは。今日はあったかいですね。関西はPM2.5が多くとんでるらしいですがみなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて、昨日は宣言通り飲みに行きましたよ、一人で。

いや、なかなか急な呼び出しに応じる人もいなくてですね、独身時代のようにはいかないもんです。とは言っても一人で飲みに行くのはわりと好きなので地元をふらっとしてました。一応、こういう時に一人で行ける店は何軒かありましてね、今回は長くお世話になってるフレンチレストランに寄りました。

ご夫婦でやられてるお店で、半年に一回くらいは嫁と一緒に行ってましたが、娘が生まれて足が遠のいてました。カウンターだけのお店なんで一人でも入りやすい。昨夜の客は私一人でしたが。そういう時は気兼ねなくお二人に話ができるので、近況とか娘の話とかいろいろしてました。ソーダとかカルピスとか話題にでてきましたからね。そこだけ書いても意味解らん。

ビールとワインで程よく酔った私は機嫌を良くして2軒目へ。その店は初めてではなかったのですが、お店のスタイルががらりと変わっていたので、実質新しいお店みたいなもんでした。

ハイボールにじゃこおろしでちびちびやってました。じゃこおろしに薄いレンコンみたいなのが入ってて歯ごたえがよくおいしかったですが、ちとコスパは悪かったか。

そして3軒目。最近行くようになったお店へ。ここではビールやりながら店員と話してるともう12時過ぎ。そして明日は6時起き。

どうもひとりだとやり過ぎるんですよね。昔よりマシになったほうかもしれませんが、サイフの中身も空になりましたよ。こんなのを繰り返すんですよね。学習能力の無さを露呈してます。いつもお酒に飲まれる性質で。

ところで1軒目のフレンチで、最近39度以上の熱を出したのを話してましたらかなり心配されました。「大人の39度以上ってただごとじゃないですよ」って。あぁ、健康診断が怖くなってきた。
Category: 未分類

2/25 ストレス

こんにちは。今日はいまいちテンションがあがりません。昼を越えたあたりからテンションだだ下がり。今夜はどっか飲みに行きたい。さて、こんなテンションの私ではありますが少々お付き合いください。

昼休憩中にネットをちらちら見ていたのですが、「5分でできるストレスチェック」なるものがありました。「ふ~ん」とか思いつつ、とりあえずやってみるかとクリックしました。

トータルで50問くらいの設問を4択で答える方式でした。私はこんなものは直感以外の何物でもないという変な考えの持ち主でして、ひとつの質問に対して0.5秒以内で答える事を信条としています。まぁ大したことない信条なんですが、そこらへんは置いといて、サクサクっと質問に答えます。

そして結果。過度のストレスはないようですが、ストレスの因子はそこかしこに潜んでいるとの事。特に人間関係には要注意、とでました。「そんなん、わかっとるがな」とツッコミしたくなりました。自分の現状見れば人間関係に苦労してるのは解ってるよ。と言いたくなりました。

まぁ、ストレスチェックが悪いわけではありません。結果がある程度分かっているのにそんなんやる私が悪いのですよ。それにしてもこのストレスチェック作ってたのが厚生労働省でしたからね。ゆるキャラしかり、お国もいろいろやるもんです。

それにしても私の今日のテンションはイマイチです。いろんな説明をすっとばしてますが「連携がとれませんでしたね」と言われただけでムカッときましたからね。どうかしてる。

というわけで今日の文章のキレも最悪です。もともとキレてないですけどね。失礼しました。さっさと飲みにいこ。
Category: 未分類

2/24 昔話

先月に引き続き今月も39度超えの発熱をしてしまいました。いやまいった。39度なんて以前の私の中ではある意味異次元の世界だったのですが、最近は普通に超えてますからね。どうなってんだ。

さて、そんな意識の朦朧とした中、昔の話を思い出しましたので書いてみます。

私が小学生の頃、かぜや病気になったらいつもお世話になっていた高橋医院という病院がありました。かかりつけ医という大層なもんでもなくて、私の実家は「日本の田園風景百選」に選ばれるくらいの超がつくド田舎でしてね、田園風景百選なんて聞いたこともなかったんですが、とりあえず、そんな田舎なんで近くにその高橋医院しかなかったというわけです。近くと言っても車で10分近く走らなければいけないのですが。

その病院はその名からもわかるとおり開業医で、母屋に併設して診療所が設けられていました。その当時でも建物はかなりの年季が入っていて、木造だから結構床がぎしぎしいってたりしました。

建物に劣らず、医師も結構な年季が入っていました。じいちゃんばあちゃんの先生なわけですよ。メインに診察するのはばあちゃん先生がしてて、人懐っこい笑顔で「今日はどしたん?」と少なくなった歯を見せつつしゃべりかけてくるんですよ。声もでかくて笑い声はさらにでかいから、待合室でも笑い声は聞こえてました。

そしてあり得ないことにばーちゃん先生が座っている椅子に一緒にマルチーズが鎮座しておられましたからね。その当時は何とも思ってませんでしたけど、今思うと診察室に犬はないやろと。不機嫌な時は結構吠えるし。

じいちゃん先生のほうはあまり診察もせず、じーっとしてる事が多くて子供ごころに「しにそう…」とか思ってたりしてました。

それで診察してもらうと、大概は風邪なんで、お決まりのように注射を打たれます。それが予防接種とかで使われる小さい注射器じゃなくて結構太い注射器なんですよ。マーブルチョコわかります?筒状のパッケージに入ったチョコのお菓子のことなんですが、その筒くらいの太さがありますからね。あれは嫌だった。

後は薬をもらって帰宅。薬も薬局が併設してるわけじゃなく、病院内にありました。今と当時とでは法律とかいろいろ変わったのかはわかりませんが。風邪は一日安静にしてれば普通に治ってました。

こんな事を思い出しながら、眠りについたのですが、確か10年前くらいにこの高橋医院は無くなってしまいました。もともと先生がご高齢だったのでしかたなかったのですがね。そしてもうひとつ思い出しました。病院がなくなって数年経った頃、ばーちゃん先生がお亡くなりになった事を。

正直すっかり忘れてましたよ。日々の生活に忙殺されてるといろいろな事を忘れてしまうものですね。多分こんなこといっぱいでてくるんでしょうね。私にできるのはこうやって書きとめておくことだけです。
Category: 未分類

2/21 短め Part 2

熱出た。
Category: 未分類

2/20 短め

またもや体調が悪くなってきました。先週から咳と鼻づまりは標準装備していたのですが、今日は寒気がする。とりあえず今日はビール飲んで早く寝ようと思っております。よって今日は短めに。

ここ数日、娘に振り回されてます。何が気に入らないのか機嫌が悪く、何をするにもイヤイヤ言って泣きわめきます。ごはんは出された半分食べればいいほうで、後は泣きながら短い両腕を振り回しバタバタしてます。

体調不良も考えたのですが、特に熱もなく、病院に行ってもおそらく様子見で済まされるだろうし、保育園では機嫌は悪くないようでご飯もそれなりに食べているようでした。

原因がつかめず、昨夜なんて嫁と二人で娘の機嫌取りを一生懸命やってました。はたから見たらかなりのバカ親っぷりだったと思います。

今朝も目が覚めたらいきなり泣き出し、自分で歩くことも抱っこも拒否しました。しばらく放っておくと観念したのか自分で歩いてきましたが泣くのは相変わらず。朝ごはんも最初はもぐもぐ食べていたのですが、とたんにスイッチが入りギャン泣き。しばらく暴れさせて、改めてごはんを目の前に置いてやったら、ようやく全部食べてくれました。

乳児の時よりある程度は意思疎通ができ、だいぶ楽になったと思っていた矢先の事だったので、やっぱり子育て大変と打ちのめされました。なかなかやる。

そんな矢先、ネグレクトで幼児が亡くなったニュースとか見ると少し涙出そうになってきます。高熱出してる幼児にピザ食べさすとは何事や!と。でも一歩間違えば自身の身にも起こりうる事かもしれません。自分を律する為にもこういうニュースは心に留めておきたいと思っています。

うん、短くないね。
Category: 未分類

2/19 書きっぱなし

3月上旬にイベントの為の出張があり、その準備で少しばたついてきた今日この頃ではありますが、少しの合間に文章を書いてみたいと思います。

普段は何かしらのオチをある程度決めてから文章を書き始めるのですが、今回は特に決まってません。タイトル通り書きっぱなしでオチはなし、という事態になる可能性もありますが、書いてみようと思います。

冒頭にも書きましたが、イベントの準備は徐々に増えつつあります。来週になるともっと増えてくると思います。今はその準備をせかせかしているのですが、なんだかんだで大変なんです。パソコンを使ったキャンペーン広告などの作成物とかもでてくるので、ほぼ一日中パソコンの前でじっとしているなんてこともあります。もちろん準備はそれだけではないので、バタバタと打ち合わせしたりとかはあるのですが。

そうして動いていると「どうにか楽をして準備をできないかな~」とか考えてしまいます。30歳を超えた頃から物思いというか、いろんな事を考える事が多くなって、例えば「いかに楽をして稼ぐか」という事を結構真剣に考えてて時もありました。

あくせく体を使って稼ぐ手もありますが、恥ずかしながら20代の頃より体は動きません。となると頭を使ってどうにか稼げないかと考えるようになったのですよ。まぁもともと頭の中身がチープだったのでうまい稼ぎ方は思いつきませんでしたが。思いついてたらサラリーマンしてないだろうな。

そんなこんなで、特に何もせず、ぼーっとしている時とかは、いろいろと考えるようになってしまいました。とは言っても仕事関係の事が多いのですが、ずっとそんな事を考えてると嫌になります。

なので、できるだけ何かをしようとしました。なんでもいいんですけど、娘と遊んだり、嫁とたわいのない話をしたり、家事をしたり、ゲームしたり、本を読んだり、と。ぼーっとする時間を極力なくしていってます。

危険なのは湯船につかっているときですね。携帯をジップロップに入れてゲームをしている人もいるみたいですけど、私はなじめそうにないので、結局つかっているだけになります。そうなるといろいろ思い浮かんでくる訳ですよ。

特に上司に嫌な事を言われた日にはすぐにその事を思い浮かべてしまいますからね。そして「くそっ!」っと心の中で思ったりしてしまいます。

ところで私は家では仕事の話は全くしません。嫁から聞かれれば過不足なく答えるくらいで、愚痴は言いません。男性はわりとそういう人が多いんじゃないかなと思うのですが、どうでしょうか。

私は家に仕事話を持ち込みたくないのです。家庭と仕事を完全に隔離したい人です。経営者はプライベートでも常に仕事の事を考えている、という類の本を見たことがあったのですが、今の私にはちょっと手が届きそうにないです。そういう人はプライベートと仕事の区分けがないんでしょうね。そうでもしなければ一つの会社の経営なんてままならないのかも知れません。

ちょっと話がそれましたが、私が愚痴を言う時は友人と飲みに行った時ですね。そこで吐いて最後に笑いのオチをつけておしまい。後はお酒の勢いですべてを忘れるというパターン。こうやってストレスを多少なりとも解消しています。

さて、時間的にそろそろタイムアップとなりました。書いてる途中で制限時間20分の縛りを勝手につくってました。そうじゃないと終わりそうにありません。予想どおりオチはありませんでしたが、また明日。
Category: 未分類

2/18 反省

「責難は成事にあらず」
小野不由美さんが書いている、ある小説のセリフなんですが私が好きな言葉のひとつです。

言葉の意味は「失敗した相手を責めることが何かを成す事ではない。」転じて「物事に対していろいろなやり方・案を出す事が、事を成すということだ。」という意味です。

正直なところ、最初はそんなに感銘を受けませんでした。それは当り前の事だと思っていたからです。でもまぁ、まさに言うは易しでした。自分がその立場に立った時、どれだけいろんなやり方や提案を出せたかというと、皆無に近いです。そういう事を思い出すと、先述の言葉の重みがでてきたのですよ。

先日の事ですが、嫁がリビングのレイアウト変えの話をしてきました。平日の夜で食事も取り、風呂にも入り、娘も寝て、ちびちびと酒をやってひとりまどろんでいるところでした。

そんな状態で考える頭もなかったのですが(←言い訳)、嫁の具体的なレイアウト変えの提案に対して、心配事しか言いませんでした。その時、ふっと思い出したのが「責難は成事にあらず」だったのですよ。

「あ~、やってしまったな。」と心の中で反省しました。それでもそのあと、私の方からレイアウトの件で話はふらなかったですけどね。全然反省してねぇじゃねーか。

ちょっと事を大げさに書いてしまっていますね。結構回りくどいことをしておきながら何がしたかったかというと、私の好きな言葉をここで紹介したかっただけです。ではまた。今日はツメがアマイ。

Category: 未分類

2/17 甘える

私には1歳半の娘がいるんですが、日曜はだいたい嫁が早朝から夕方まで仕事なので、娘と二人で過ごす事が多いんです。

この前の土曜から娘が熱を出しましてね、嫁が病院に連れて行ったのですが、インフルエンザも陰性で中耳炎からくる熱だろうとの事でした。本人は食欲もあり、熱がある割には元気なので日曜も様子見で家で二人でゆっくりすることにしました。

いつものように娘は朝の7時を回ると計ったようにむくりと起き、何かしら喃語をしゃべって私を起こします。私は少し布団でうだうだした後、ご飯の用意をしようと起きます。娘も起きて、てこてこ私の後をついてくるのですが、いつもよりちょっとよたよたしてて、まだ体調は回復してなさそうでした。

案の定、熱は38度を下らないのですが、朝ごはんを用意すると自分で椅子に座るので食欲はあるようでした。

娘だけがそうなのか、他の子供もそうなのかはわかりませんが、娘は朝ごはんを食べる順番が決まっており、これは私たち親からそういう風に仕向けたわけではないのですが、娘は食パン、牛乳、ヨーグルト、野菜スープの順に食べます。

寝起きなのに水で喉を潤すこともせず、食パンをもしゃもしゃ食べた後、牛乳をごくごく飲みほします。そしていよいよヨーグルト。1歳をこえた頃から、すすんで自らスプーンでヨーグルトを食べていた娘ですが、今日はいまいちノリが悪く、スプーンを掴んでもヨーグルトを軽くすくうだけで、手を離してしまいます。

あまり食べたくないのかな、と思いつつ、スプーンで掬って口元にもっていってやるとパクリと食べました。「何だ、食べるじゃん。」とツッコミつつ、スプーンを皿に置いてやると、口をつけようとしません。

「なんでだ?」と思いつつ、もう一度口元にヨーグルトを持っていってやるとパクリと食べました。そしてもぐもぐして食べ終わると娘は口をあけて待っているのです。

納得しました。食べさせて欲しかったのです。私は口元が緩んでしまいました。この娘のちょっとした甘えがある意味すごいなと思ってしまいました。かわいいのは当然なのですが(←親バカ)多分、娘は熱があるとはいえ、私が横にいなければ、普通にヨーグルトを食べてたと思います。そこをあえて私に甘えてきたってところがなかなか小悪魔的だな、と思ってしまったのですよ。

これは私の考えが過ぎるところです。娘はそんな計算ずくでやってません。多分。もし計算でやってたら末恐ろしすぎです。

なんて事を考えつつ、さながら鳥のヒナのように口を開けて待っている娘にヨーグルトを食べさせてあげるのでした。

Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。