スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/13 一区切り

さて、お久しぶりでございます。いかがおすごしでしたでしょうか。

私のほうはとりあえず一区切りつきましたので、久しぶりにここでつらつらと文章を書こうと思っております。まぁ一区切り着いたといっても悪いほうについちゃったので、あまり喜べないわけですが。

端的に言うと、とある市の福祉関係の求人がありましてね、それに応募してたんですよ。先日、結果が出て見事に落ちたという訳で。

なのでここ数か月はわりかし試験勉強に時間を割いてたのです。まぁ仕事のほうもここ数年からしたら類を見ないほど忙しかったんですけどね。今も現在進行形だけど。

正直なところ、福祉関係の仕事なんてこれまで全くの未経験で、福祉の「ふ」の字も知らなかったんですけど、そんなほぼ負けが決まってるような勝負によう出たなと、ある意味、自分の馬鹿さ加減に関心してるんですけど、だって仕方ないじゃない、やりたかったんだもん。

まぁなんだ、私の中で子供という存在は自分で思っている以上に影響を及ぼしておりましてね、それこそ自分の生き方というか、生業を変えようというくらいのね。私にとっては結構な驚きなのですよ。

きっかけは上娘の保育参観に参加したことです。当時娘は3歳児クラスだったんですけど、その歳特有のものなのかはわかりませんが、とにかく人懐っこいんですよね、子供たちが。

時間的に半日くらいだったんですけど、誰もかれもが話しかけてきてくれて、「一緒に遊ぼう!」と手を引っ張られて、給食の時は「自分で食べ物持ってこい」と突っ込まれたりもしたんですけど、個々の差はあれ、子供たちはみんな生き生きしてるように私の目には映ったんですよ。正直、私には眩しすぎた。

ただ、そんなんを見てると、マスコミで報道されている、自分のせいではないのに不遇をかこっている子供達の事が頭をよぎるんですよ。虐待とか貧困とかで本来あるべきである笑顔を閉ざしている子供達もいるんですよ。

別にマスコミを鵜呑みにするわけじゃないですし、大手マスコミはどうしても「虐待・貧困」という言葉を脚色した感や、ひとつの事柄に特化して周り見えてない感が否めないですけど、もっと地方紙やルポライターの記事を読み込んでいくと思うんですよ。「もうちょっとどうにかならんもんかな」と。

私には別に大きな力はない。義憤に燃えて大きな改革をやろうとはしていない。ただもうちょっと改善することはできるんじゃないかと。それが「もうちょっとどうにかならんもんかな」という言葉の現れ、そして私が市の福祉関係の仕事に応募した理由でした。ま、結局受からなかったんだけど。

例えば、今の世の中って、正社員職を失ったらそれでもうお終いって感じじゃないですか。後は安い給料でこき使われるか。

有効求人倍率が上がっても会社の倒産が少なくなっても、ひとつの職に就いて食い扶持稼げなかったらそれは稼げないなりの生活をするか、ダブルワークをするかになるわけで、さらに介護とか病気になったら、はたまた離婚して片親世帯になったら、それでもう一瞬で生活は変わるわけで、要するに貧困に陥る状況はそこらへんに転がってるんですよね。

それはその世帯全体に影響するわけで、当然子供にも満足にお金をかけられないという状況が発生する。最近あった「相対的貧困」に陥っている女子高生の報道あったじゃないですか。こういう状況は普通に転がってる事例だと思うんですよ。

それに対する政治的影響力がある人物の対応はいかがなものかと、個人的に非常に疑問を持ったのも確かですけど。

さらにその政治家が奨学金制度を勧めていたのが私には「はぁ!?」って感じでしてね。全額無償の奨学金ならともかく、社会経験もないまっさらな高校生に借金を背負わせる奨学金を進める行為は、将来的にさらなる貧困を生む温床にもなりかねないんですよ。奨学金返済で未来が見えない貧乏暮らし。

それをさらっとつぶやくという政治家の行動がすごい苛立たせるんですよね。あまりに現状をしならなさすぎる言葉だと感じます。

少々話は政治家批判になってしまいましたが、こういう金銭的要素が絡む事例は、生活保護費の使いようでもうちょいなんとかなると思ったんですよ。

簡単に言うと子供のいる世帯にもっと手厚い保護ができんもんかと。確かにクソみたいな親が保護費をパチンコ代に使うとかいう話は聞きます。ただそれは少数派がマスコミによってクローズアップされている面が強いのでは、と感じます。

また、高齢者への生活保護費の受給が増えているという統計もあります。しかしここは批判される事を前提で敢えて書きますが、減額にむけての金額の見直しをすべきではないでしょうか。その分、子供のほうを手厚くする。

とあるルポライターの人が、批判を受けるのを承知の上でという前提で、高年層より生産性のある若年層にケアを行き届かせることが重要ではないか、と書いてました。ぶっちゃけ私も同意見です。

これで私は30~40年後の自分に石を投げた事になりました。老後は自分の力で生きていかなければならなくなりました。

今の日本は高齢者優遇社会ですけど、なんでそうなったかというと、まぁ投票率ですよね。世代が高いほうが投票率が高いから、そっちを優遇する施策を出せば選挙に勝てるぞー!というただの数の論理ゲーム。

それが民主主義なのかもしれませんけど、とりあえず議員は三分の一くらいは減らしたほうがいい。

だから選挙権を持ってる若者には選挙に行ってほしいんですよね。若者は自分で自分の首を絞めてることにあんま気づいてないというか。選挙行く奴は意識高い系?それで結構。周りに流されて何もしないなら、周りの雰囲気に媚びないことを選ぶという事を誇りに思え。

まぁ、こういう事をしたかったわけです。受かってたら。他にもしたいことはいっぱいあったけど、それにすぐにはできるとは思ってなかったけど、今でも「もうちょいどうにかなる」ように考えることは無駄じゃないはず。

まぁでも今はなんかほけーっとしてるというか、ここ数か月の仕事しーの、子供の面倒みーの、試験勉強しーのの多忙を極めた生活が意外と心地よかったというかね、まぁ自分が真に向かえる目標を持つってのは良い事だと改めて思ったかな。

とりあえず今はどうするか模索中です。仕事もあんま手ぇつかねぇ。ま、こんな感じの近況報告でした。みなさん、元気してますか?

↓お願いします。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。