スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/4 実写化

最近では小説でもアニメでもマンガでもとめどなく実写化される昨今ではございます。

「まぁそこまでガンガンに頼らなければならないほどネタが無いもんかのかねぇ」と思いつつも、最近はテレビ自体を見る事が少なくなった私にはほぼ無縁なものでした。

ところが近々、私が好きなマンガが実写化されてドラマになるそうで。北条司さんの「エンジェルハート」ってやつなんですけど、みなさんご存じですかね。

同氏の代表作「シティーハンター」のパラレルワールドとして描かれている作品なんですけど、知名度的には「シティーハンター」の方がありますね。

私はガキの頃から「シティーハンター」が大好きでね、今も実家に単行本があったりします。保存状態悪いけど。単行本のサブタイトルを全部覚えてた時期もあるくらい好きなんですよ。実はその影響で一番最初に買った車はミニだったりします。

中古だったけどとても愛着がありましたが、なんせかなり年式の古い車だったから故障が多くて当時学生だった私には貯金全部無くなるくらいの相当な負担でしてね、結局2年で手放してしまいましたが。

そんで「シティーハンター」の続編じゃないですけど続編と思わせるような「エンジェルハート」の世界観はかなり私好みになっています。

しかしなぁ、実写化かぁ。これはどんなものでもそうなんですけど、原作に思い入れがある人が実写化されたものを見るとあまりに違い過ぎて酷評するというね。

まぁそれは致し方ないのかもしれませんけどね。自分の中のイメージががっつり壊されるような感じなんでしょうからそれもそうなっちゃうんじゃないでしょうか。

そうだなぁ、創作って「現実の中にある非現実」的なところがあると思うんですよね。ガチガチのファンタジー物だったら違うかもしれませんが、「一歩踏み入れてみれば、現実世界の中でもこんな非現実がなんかありえそう」ってところがあるんじゃないかなぁ、って私は思うんですよね。

でもそれはあくまで自分の思い込んだ世界の中であって、そしてその世界は自分にとっては心地いいものだと思うんですよ。いうたらそれが実写という現実となって、それが自分の心地いい世界とはかけ離れたものだったら「なにこれ違う!」ってなるんじゃないんですかね。

そんで話はもとに戻って、実は93年に「シティーハンター」の方は実写映画化されてるんですよ。香港の映画で。しかもジャッキー・チェン主演。

もうね、ある意味すごい。原作を大幅に逸脱してるのがむしろ潔ささえ感じるくらいの出来でしたよ。

原作は銃アクションがメインなんですけど、映画はほぼ肉弾戦で敵を倒していくという完全ジャッキーアクション映画。当時流行ゲームのコスプレとかしてるし。

まぁここでは多くは語りませんが原作ありきで見るならツッコミどころ満載の映画でした。一部じゃジャッキーの黒歴史とか言われてるみたいですけど、ジャッキー映画としてみるならアリだと思います。私は地上波で2回くらい見たかな。

まぁ「エンジェルハート」の方は放送後、ネットでどうたたかれるのか少々興味があったりします。しかしハードル高いのによく実写化するなぁ、と思います。それではまた。

↓お願いします。
Category: 未分類

コメント

No title

毎日暑いですが、to-na-mo-naさんもご家族さんもお変わりありませんか?

私もAH好きなんですよ~
なので、楽しみ半分ちょっと怖いなぁ。。。と思ったりしています。
とにかく、グラスハートを誰が演じるのかが気になりますね。

では、また。

2015/08/05 (Wed) 11:05 | 桃 雄子 #- | URL | 編集
Re:

雄子さん、コメントありがとうございます。
それにお気遣いもいただいてありがとうございます。大人は暑さでダレ気味ですが、娘はオロナミンのCMに出れそうなくらい元気ハツラツです。

雄子さんもAHお好きなんですね。
おそらく誰がどの役をやってもなにかしらの違和感は拭えないでしょうね。てか海坊主とかどうするんでしょ?(笑)

2015/08/05 (Wed) 14:48 | to-na-mo-na #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。