スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25 ちょっと追記

以前に過去の記事で安保法案のデモにちょっとだけ触れた事があるんですが今回はその追記です。

前回記事はこちら → 7/23 まとまらない

まぁな~、繰り返しになるんですけど、若い世代がなにかかしら政治に関心を持つのは良いことだと思うんですよ。自分達に行く末に関わる事ですからね。

そういう意味では安保法案は「政治に無関心な若者」に対して一石を投じる副産物を生みだしたと思います。

それにこれも繰り返しになるんですけど、私は個人的にはデモは好きじゃないんですが、行動する事で何かを生み出せるならまぁ構わないとは思うんですよ。

でも扇動されるのはいただけない。たいして知ろうとせず、自分で考えようともせず、デモの主催者側が言う事があたかも自分の意見だと錯覚して少数の意のままに動かされる。

そしてこともあろうに主催者の主要メンバーが論理的な反対論をあげず、ただ罵倒するだけの輩だったらどうよ?参加した人めっちゃみじめ。そんな人達、私は見るに堪えない。

まぁね、主要メンバーすべてがみんなそうだとは言いませんが、そういう輩が主要メンバーを名乗っている時点でその組織にどれだけ立派な理念があろうがそれに共感できかねるのはいたしかたないことです。

そんな輩のデモについていった人はちょっと考えないといけないと思うんだわ。自分の意思・考えはどこにあるのかという事を。

もしそれを考えて「わかならい」というなら、その「わからない」という事が解っただけいいじゃねーか。そこから学べはいいんだから。そうすれば少なくとも自分の考えが曖昧なまま、少なくとも他者に扇動されることはなくなると思うよ。

罵倒・批判ならサルでもできる。それにこんな事は何かを成す事ではないよ。どうすればいいか考えるのが何かを「成す」って事じゃないのかね。

これは私感なんですけどデモじゃ物事は動かないよ。デモってある一意見に反対する事自体が、その存在意義になってる感じがするんですよね。

だったらその一意見が無くなったら反対する事もなくなる。それくらい存在意義が脆弱だと思います。

それに外からワーワー言ってるくらいじゃ全然聞き目ないしなぁ。署名活動して国に出すなりする方がよっぽど効果がありそうな気がしてならないんですけどねぇ。なんだろ、私が冷めてるだけかな。

まぁちょっとまとまりがなくなってきましたね。まぁ私がこれを書こうとしたきっかけは、ちょっと感情論的な理由もあります。あまりにも「ん?」と思ってしまった事があったので。まぁ今回はこのへんで。それではまた。

↓お願いします。
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。