スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/14 試練

私は子育てに関して、まだ経験浅い3年目のペーペーの若輩者でございます。それでものすごい安直な言い方なんですけど「やっぱ子育てって大変ねぇ」って思う訳です。

たった3年ではありますが、学ばされる事は多かったし、娘からいろいろもらえたものもありました。

前回の短文投稿の娘のやりとりは娘からもらえた「嬉しいもの」の一つです。ただもらえるものがすべて「嬉しいもの」とは限らないわけでね。最近、娘が言う事聞かないの。

もうちょい詳しく言うと、すべての事に対して全く言う事を聞かないというわけではないんです。住んでいるマンションの自転車置き場に、おそらくしばらく使用せず放置されているであろう子供用自転車があるんですよ。

それを見ると乗って遊びたがるんですよ。まぁこっちの自転車の用意が終わるまでそれで遊ばせてた私も悪いのですが、今までは遊んでても「いくよ」と何回か言えば、娘は遊びを止めて素直についてきてたんです。

それが最近はまったく遊びをやめようとしなくなりました。無理に引き離そうとすると「イヤ!」か「うわぁ~!」と大声上げて抵抗します。しばらく放置してても気にせず遊びをずっと続ける。

まぁ時間がある時は多少は融通を利かせてもいいのでしょうが、例えば保育園に送りに行くとか時間制限があったらかなりやっかいなのです。

そんな状態が続く中、先日私はとうとう実力行使に出てしまったんですよね。娘を子供用自転車から強引に引きはがし、有無を言わさず自転車の後部シートに乗せてベルトで体を固定しました。

娘は大泣きしながら手足をバタバタさせて抵抗しましたが、もう私はそれに対して気をとめません。娘が後ろで大泣きしてる中、自転車を駆って園に向かいました。通り過ぎる人に結構見られたけどもう構ってられませんでした。

ただね、そうした後にだんだんと冷静になってくると後悔の念がどんどん強くなってですね。まぁこんな強引な事をしたのは初めてだったんですが、自分が思っている以上に娘に対しての怒りの感情が内在していたという事がかなりショックでした。

まぁ園に着いた娘は切り替えが早く、いつもどおり遊んでいましたが、私がやった行為は一歩間違えれば娘が怪我をする事もあり得たわけで、そういう事に対してもショックはでかかったです。

誰でもそうでしょうが、日々やらなければならない事があり、それに対して精神的な負荷がかかる時もありましょう。

おそらく娘もそうなのかもしれません。日中は保育園に連れていかれ、親と過ごす時間は保育園にいる時間より少ない。

たぶん娘は甘えん坊です。保育園も頑張って行ってくれているのだと思います。もちろん園の友達と楽しく遊んでいる様子も聞いたりするので嫌々行っているわけではないでしょうが、親に甘えたい、かまって欲しいという気持ちがかなり強く、それが表面に出てきているのかなぁ、と思ったりします。

とは言え、私の実力行使はその場の感情に突き動かされたのは明らかで、それに対して弁明のしようがありません。

1歳の時は1歳の時なりの苦労はありました。娘が夜寝ないから深夜2時にだっこして外に出て「今、警察に会ったら職質されるな」と思いながら家のまわりを散歩した事もありました。

今回の事は、最近ではいっちょまえに私たちの言葉に反対してくる3歳の娘が、私達に与えてくる「試練」のひとつなんでしょう。

嫁に事の報告したら「気分転換に飲みにいったら」と言われましたが、嫁は嫁で大変なのは解っているので、それにすぐに甘えてしまうのもちょっと違う気がしてですね、まぁそこらへんは追々という感じで。

今回は少々愚痴っぽくなりましたかな。それでは今回はこのへんで。

↓お願いします。
Category: 未分類

コメント

わかる!

すごくわかるよ。
頑張れ。
アタシも、保育園から帰るとき「まだ遊ぶ~」と言ってぐずる娘の足をけってしまった時がありまして、かなり落ち込みました。今でも後悔しています。
でも、大人だって人間。完璧な子育てなんてできないよ~。
ブログ記事よませてもらうと、娘さんへの愛情がひしひしと伝わります。きっと娘さんもわかってくれるでしょう。
ちなみに、蹴られた娘はもう高校生になり、別に反抗するでもなく、普通に育ってますよ。今のところ。

2015/10/16 (Fri) 16:24 | きたあかり #- | URL | 編集
Re:

きたあかりさん、コメントありがとうございます。
返事が遅くなって申し訳ないです。

まぁかなりいいかげんでズボラな人間の私に、完璧な子育てなんてとてもじゃないけど無理ですなぁ。まぁ「完璧ってなんなのさ?」とか「完璧がいいのか?」とか思ったりもしますがね。

「あ、ちょっと言い過ぎたな。」と思った時なんかに娘から「ごめんね」と言われる事が、自分の中では結構後悔してしまうことなんてあります。

2015/10/19 (Mon) 11:39 | to-na-mo-na #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。