スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/24 度量と余裕

この前、ここで子育ての件で弱音吐いたんですけど、どっちにしろちょっと子育てストレス溜まってたんで、先日、ふと思いつきでふらっとひとり飲みにでかけました。

連れと飲むのも会社の愚痴とか言い合ってストレス発散になるんですけど、どいつも所帯持ちなんで突然誘う訳にもいかず、仕事仲間で飲むのはあまりストレス発散とは言い難くなってしまうので、こういう時はひとりで地元をぶらぶらします。

嫁には「ちょっと遅くなる」と連絡して、娘が生まれてから少々疎遠になっている店に顔を出しました。

ただまぁこういう時に限ってなにかしらのトラブルは起こるもんです。嫁からメールが来ました。

娘が園の友達とちょっと喧嘩したみたいなんですよね。それで家に帰っても不機嫌なのかごはんもほとんど食べてないと。

まぁ普通ならすぐに帰らないといけないのでしょう。ただ私は帰って起こり得る出来事を想像しました。

前述の通り、私はストレス溜まっててそれをいくらか発散させるために外で飲んでいる。それを中断して帰宅する私はおそらくイラついているだろうな、と。

イラついたまま嫁の話を聞いていては、まぁ十中八九、そのイラつきを嫁にぶつけてしまうだろうなと、とても想像できるわけです。

そう、その時の私には、嫁の話を受け止める度量と心の余裕が無かったわけです。そんな状態だと嫁といらん喧嘩をしてまたどっちもストレス貯め込むことになるのは目に見えてるんですよね。

私は嫁にメールで「わかった。」とだけ返信して、私の腹と酔いがひと段落するまで店で飲み食いしてました。これから家に帰って聞かされる話の前に鋭気を養っていたのです。

それに嫁の連絡を受けた時点で帰ったとしても、娘の寝かしつけで嫁も一緒に寝てると思ったんでね。

そんでまぁ家に帰ってベッドルームを覗くと、嫁がムクッと起き上がってきました。そこから一時間半くらい、嫁の愚痴交じりの話が始まりました。

まぁ内容的には保育園で起きた事はそんなに大事ではなかったです。どっちかいうと家に帰って、ご飯食べない・言う事聞かない娘に対して、嫁が一時間説教したらしいんですけど、そっちのほうが話のメインでした。

おそらく鋭気を養ってなければ、私が嫁の話の途中でいらん茶々を入れて小競り合いになってたと思います。よかった。

とまぁこれに限らず、急いで行ったとしてもこっちの準備ができていなければ、物事に対応する事ができない事もあります。また変に対応してひどい結果をもたらす時もありましょう。

なにより心の準備をしてなければ、結果が後々よりめんどくさい事になる可能性が高いでしょう。というわけで急いで行く事が必ずしもいい事ではないのです。


「事前準備の重要性、わかったかな?」


「は~い!」





はい、言い訳がましいなかなかの駄文でしたね。それではまた。

↓お願いします。
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。